まだ株で消耗してるの?

完璧なシステムなどといったものは存在しない。
完璧な絶望が存在しないようにね。

      mixiチェック

    ずーと不思議に思っていた事だが、CNNのアナウンサーは日本人の名前を

    Japanese PM Junichiro Koizumi

    と、名・姓の順番で言うのに、中国・韓国人の人名は

    Secretary General Ban Ki-moon (潘基文)

    の様に、姓・名の順番で言う。言うまでもないが日本も韓国も中国も自国での順序は姓・名。
    何故か?昔アメリカ人に質問しても、はぐらかされていたのだが・・

    最近あるBlogで紹介されていた 日本人の英語 by マーク・ピーターセン の本を読んで目から鱗が落ちた。
    (目から鱗って聖書の表現なんだね。日本の表現かと思ってた)

    結局、昔の日本人が勝手に順番を変えたようだ。日本人がご丁寧に名前の順番を変えているので外国の報道も、それを普通と勘違いして名・姓の順番になったのだろう。


    日本文学の知識のある著者マークは、日本に来た時「ソウセキ・ナツメ」と言われて、誰の事を言っているのか理解できなかったそうだ。言語が違うからといって姓名の順序を変えるのは不合理だと著者はいう。

    アルベルト・アインシュタインといい、日本語だからといって、アインシュタイン・アルベルトという人は、まずいないであろう。

    この習慣はやめた方がいいのでは?と著者は提案するがもう遅いだろう。システムの表示が姓名順序の入れ替えを(表示言語等に応じて)勝手に変更してくれるからである。
    (ちなみにこの本の初版は1988年)


    日本に関して知識の無いアメリカ人(殆どのアメリカ人)は、日本の姓名の順序が自国でも名・姓であると思い込んでるんだろう。





    私のZeke運用記録


    トレンド追従型EA Zeke
    Zeke
    Zeke | fx-on.com

      mixiチェック
    9月が終了しました。
    9月は皆さん苦戦していたようですね。
    私もです。。

    まずは、EGOIST 。途中で運用をストップしました。清々しい程の負けっぷりです。

    WS000056

    続いて Zeke 。回数は少ないものの勝率はいいですね。

    WS000057





    私のZeke運用記録





    トレンド追従型EA Zeke
    Zeke
    Zeke | fx-on.com

      mixiチェック
    私はIT業界のパッケージ製品を作っている会社に勤めていますが、仕事はもっぱらプロジェクト単位で行われます。プロジェクトはお客さんからの発注の単位です。つまりプロジェクトに参加していると会社は利益を得ることが出来るわけです。ではこのプロジェクトが無い時はどうなるのか?こういう期間をコンサル会社等ではavailability(利用可能性)がある期間で「あべる、あべってる」と言ったりします。(私が所属している会社ではこういう表現はしません)会社からすれば人件費だけがかかる訳で、なるべく無い方がいいんですが、だからといって直ぐに首を切るという事はありません。日本では・・・・

    今日同僚の Johnny から聞いたのですが、インドのあるIT会社では3ヶ月間プロジェクトに入っていない期間があると Termination Letter が来るらしいです。これって "クビ" って事です。日本の常識からすると不条理な気がします。会社は長期・安定して社員を雇う事が良しとされ、解雇をすると社会的な批判を受けます。

    でも、なんでクビにしてはいけないんでしょうか?

    1 会社と個人では、そもそも対等な立場で交渉できず、そのままにすると会社(資本家)は労働者を搾取して利益を溜め込むので労働者に一定の保護が与えられるべき
    2 安定した雇用は社会の安定につながる
    3 日本の会社では20代の若い時に安い給料で会社を儲けさせ、年を取ってから働き以上の給料で回収するという賃金構成になっており、途中で解雇するのはこの暗黙のルールを破るものであり、ある意味詐欺である

    なんか、どの答えも今の時代では白けてみえますね。

    では、なかなか解雇ができない国の企業はどういう行動にでるのでしょうか?今の日本みたい正規労働者を雇わないで、派遣・バイト・パート・請負等で労働需要を満たそうとするわけです。既存のおっさん社員の雇用が保護される一方で、新卒の雇用が減っていく事になります。若者が一番の犠牲者になるわけですね。

    フランスは解雇規制の厳しい国で社員をクビにできません。だから新卒学生がなかなか就職できないわけですね。こういう人はインターンという名で短期間、バイトの様に企業を転々とし30才でプロフェッションなし、みたいな状況があります。

    だから解雇規制を緩和して人を柔軟にクビにでききるという保障があれば、企業は人が必要になった時には雇用しやすくなるので失業率は結果として下がるという"正規社員の解雇規制緩和論"につながります。

    働かない中高年リッチ解雇せよ 「正社員」保護しすぎ論が台頭

    しかし、肌感覚で言うと "解雇ができない" なんて公務員・日本の大企業だけの"ボヤキ"じゃないっでしょうか。外資や中小企業なんて組合も組織されてないから普通に人クビにしますよね。

    纏まりがなくなってきましたが、解雇規制が緩和され失業率が下がった場合、正社員の平均年収は減りそうですね。解雇規制撤廃の結果正社員が増えるというのではないければど、別の理由で正社員が増える日本郵政の社員の給料も今後あんまり上がりそうにないですね。ご愁傷様です。

    Termination Letter という言葉を聞いて「ターミネーター1」でサラ・コナーが最後にターミネーターを破壊する直前に言った言葉 "You are terminated" を思い出しました。



    私のZeke運用記録


    トレンド追従型EA Zeke
    Zeke
    Zeke | fx-on.com

    このページのトップヘ