ESCADA V2.1 順調に運用できています。

しかし・・・・・ 
WS000048

ESCADA V2.1を初回起動した場合、USDJPYは初回5トレードまで、EURJPYは初回7トレードまで、GBPJPYは初回9トレードまで0.01ロットの運用が義務付けられています。

まあ、暖気運転ですかね。

USDJPYは比較的トレードが多いので、良いんですが、Land FXでGBPJPYが9回取引されるなんて、いつの事になるのやら・・・

そこで、回避策がないか、検証しました。

MT4 の "ファイル -> データフォルダを開く"で表示されるフォルダ下の、

\MQL4\Files

以下に、CSVファイルが作成されています。

・ESCADA-v2.1-M5-EURJPY.csv
・ESCADA-v2.1-M5-GBPJPY.csv
・ESCADA-v2.1-M5-USDJPY.csv

このCSVは、2カラムで、それぞれ 4桁、または5桁の整数が記載されています。
ポジションを取ったタイミングでこのファイルは更新されているらしく、初回ロット制限の判断をしているとおもうのですが、数字の規則性が全くわかりません。

昔のバージョンでは、パラメータの緊急時ロットかなんかで、変更できたんですが、今回は明示的な方法がないんですよね。

う~~~ん。

分かった人教えてください。